一般企業のサラリーマンでも35歳で月15万の不労所得でアーリーリタイアは可能である4つの理由!

こんにちは!
35歳で5000万円の金融資産を貯め、月15万円の配当所得を得て、アーリーリタイアを目指している早乙女きららです!
今回は、前回の記事の続きである「月15万円で本当にアーリーリタイアできる理由」を解説します!

【前回の記事】金融資産5000万円・月15万円の不労所得(配当所得)でアーリーリタイア出来る本当の理由!

金融資産5000万円・月15万円の不労所得(配当所得)でアーリーリタイア出来る本当の理由!

こちらの記事で、

  • 金融資産5000万円あれば、月15万円の不労所得を得られる理由
  • 実際にそれを成し遂げた方の実例

を紹介しています。

月15万円の不労所得でアーリーリタイア出来る4つの理由

  • リタイア後の生活費はリタイア前の生活費よりも明らかに安い
  • わたしたちは実際に月15万円で生活をしていた
  • アーリーリタイアの本質は選択肢の拡大
  • 実際に月15万円以下で幸せに生きている人たち

この記事では、この4つについて解説します!
月15万円の不労所得でアーリーリタイアできることが納得いただけるかと思います。

リタイア後の生活費は前の生活費よりも明らかに安い

働くためにお金を使っている??

リタイア前の生活費を元に、アーリーリタイアが出来るかどうかを判断される方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです!

なぜなら、リタイア後の生活費はリタイア前の生活費に比べて、明らかに安いからです。

お金を稼ぐためにお金を使っている

わたしたちはお金を稼ぐために、お金を使っています。

  • 職場に来ていくためのスーツや綺麗めな服
  • 仕事用の靴や鞄
  • 職場に現実的な通勤時間で通える位置にある家の家賃(田舎に比べたら、明らかに高いです)
  • 1食1000円以上するオフィス街のランチ
  • 自己研鑽用のPCやiPadなど
  • 会社の飲み会

これらは、仕事をする(お金を稼ぐ)ために、お金を使っている例です。

アーリーリタイアが出来れば、これら全ての出費がなくなります。

恐らく、月5〜10万円は生活費を安く出来るでしょう。

月25万円で生活していた人も、仕事をやめれば月15万円で生きていける可能性は全然あります!
お金を稼ぐためにお金を消費しているなんて、なんか悲しいですね😂

わたしたちは実際に月15万円以下で生活していた

大学生時代に月15万円以下で生活していた方は多いと思います。

大学時代は月15万円以下で生活していて、大人になるとできなくなる理由は、先程の「仕事のためにお金を使っている」という事実の他に、時間の絶対量の違いがあります。

時間さえあれば工夫でなんとかなる

学生時代は月15万円以下で楽しく生活ができました。

  • 外食するのではなく、自炊をする
  • 駅から離れた家賃の安い家に住む
  • タクシーに乗らずに、歩きや電車で移動する
  • 図書館に足を運んで、本を読む
  • 豪華なレストランで騒ぐのではなく、誰かの家でタコパする

など、時間をかけて、お金を使わない楽しい生活をしていました。

しかし、大人になり、平日のほとんどの時間を仕事に奪われるようになると、

  • タクシーで移動
  • 本はkindleでその場買い
  • 自炊せずに外食
  • 通勤時間短縮のために駅チカの家

と時間をお金で買うようになってきます。

時間の余裕さえ出来れば、生活費は確実に抑えられるはず。
いまは、無料の動画・スマホゲームや定額制の動画サービスなど、少額で長時間遊べるツールも揃ってきました。
あくせくした生活をお金で解消しているのがアーリーリタイア前の生活です😭

アーリーリタイアの本質は選択肢の拡大

アーリーリタイアの本質は、決して、

「社会から断絶して、家に引きこもること」

ではなく、

「お金のことを気にせず、好きなことを好きなだけ出来るということ」

です。

好きな仕事にチャレンジしてもよい

  • 絵を描くことが好きだったが、低賃金のイラストレータにはなれなかった
  • 趣味の写真を仕事にしてみたい
  • HIKAKIN様みたいにYoutuberになってみたい!
  • 小説家になる

など、リタイアしたからこそ出来るチャレンジもあります。

生活費は月15万円の不労所得でなんとかなるのですから、お金のことを気にせず、好きなだけ好きな仕事をしてもよいのです!

そして、好きな仕事で稼いだお金で贅沢品を買ってもいいし、再投資に回して不労所得を増やしてもよいでしょう。

週3日でデザインの仕事をフルリモートで出来るのなら、私は大歓迎でやります😍
やはり、週5でオフィスに通って働かなければならない状況というのは精神衛生上よくないので、早く抜け出したいです・・・

月15万円以下で幸せに生きている人たち

この本を拝読したことがあるのですが、著書の方は東京の八王子で、月8万円ほどでとても幸せそうに暮らしていらっしゃいます。

月8万円ですよ!

実際にお読みになられましたら、納得できるかと思いますが、本日紹介した、時間と工夫を最大限に活用して、幸せ節約ライフを過ごしていらっしゃいます。

ミニマリストという言葉が浸透するようになった今、月15万円以下で幸せに暮らしている人はたくさんいます。

実際にそういった生活をされている方がいるのは、35歳で月15万円の配当所得を得て、アーリーリタイアを目指している私にとっては心強い限りです。

「都心で良いマンションに住んで、外車に乗り、バリバリ働くことが成功者」というステレオタイプに支配されないこと😊
幸せは絶対的なものではなく、主観的なもの。
自分にとって最も幸せな選択肢を見つけないといけませんね!

必ず35歳までに5000万円の金融資産を作り、アーリーリタイアをしてみせます!

好きな黒いロングスカートをはいて、ディズニー映画をみて、読書を好きなだけする。

気が向いたら、自宅でデザインの仕事を受ける。

そんな優雅な生活を目指して、これからも株式投資に邁進していこうと思います。

同じような考えの方は、ぜひ、私と一緒にアーリーリタイアを目指して、株グルイましょう?

この記事で紹介したオススメ書籍