【2019年6月】733万4128円の金融資産のアセットアロケーションを分析!国際・資産分散投資の徹底を

こちらの記事で紹介したように、2019年6月の金融資産合計は733万4128円でした!
今回は、その金融資産のアセットアロケーションを分析して、健全なポートフォリオを目指そうと思います!

アセットアロケーションの区分

アセットアロケーションの区分の仕方は実に多様です。

  • 「株・債券・不動産・金」などの商品単位での区分
  • 「成長株・高配当株・景気循環株」といった、銘柄の特性ごとの区分
  • 「米国・日本・中国」のように、国別の区分

このように、多様なアセットアロケーションの解釈があるなかで、わたしは以下の分け方で自分のポートフォリオを分析しようと思います!

  • 日本成長株(キャピタルゲイン目当ての株式)
  • 日本高配当株(インカムゲイン目当ての株式)
  • 日本優待株(株主優待目当ての株式)
  • 米国成長株(キャピタルゲイン目当ての株式)
  • 米国高配当株(インカムゲイン目当ての株式)
  • 米国債券
  • 新興国株式

わたしのメインテーマは「中毒性のある製品を作る企業の株式を買う」こと。
中毒性のある製品を作る企業は、タバコ銘柄のように高配当株とディズニーやゲーム銘柄のように成長株ともにあります😍
また、ポートフォリオのバランスをとるために、債券等の購入も進めています!

日本株式

日本成長株(キャピタルゲイン目当ての株式)

銘柄名 保有数 評価額
ディーエヌエー 100 208,300円
A-RIZAP G 400 128,400円
オリエンタルランド 100 1,398,000円
スクウェア・エニックス・ホールディングス 100 354,000円

合計:2,088,700円

オリエンタルランドは、優待(ディズニーのチケット😍)銘柄でもあるのですが、購入してから130%以上の成長をし、わたしのポートフォリオに大きく貢献してくれているので、成長株に分類分けしました。

日本高配当株(インカムゲイン目当ての株式)

銘柄名 保有数 評価額
日産自 100 77,280円
伊藤忠 100 211,100円

合計:288,380円

NISAが始まった頃に、雑誌で「NISAなら高配当の日産と伊藤忠がいい!」と書いてあって、買ってしまった2つです笑

日産 -2.5万

伊藤忠 +7万

ぐらいですので、結果的にプラスです笑

日本の高配当銘柄はNISA口座で買うと、税金がゼロになるので本当におすすめです!
米国株の場合は、現地課税がかかってしまうので、完全なる無課税にはなりませんので・・・

日本優待株(株主優待目当ての株式)

銘柄名 保有数 評価額 優待品
JPX 100 175,800円 Quoカード
日本KFC 100 200,400円 食事券
ビックカメラ 100 111,100円 商品券
サンリオ 100 242,900円 入場券
GMOインターネット 100 193,400円 優待金
ヤマダ電機 100 49,800円 商品券
吉野家ホールディングス 100 191,300円 食事券

合計:1,164,700円

Web業界で働いているかつGMOクリック証券を利用している人は、間違いなくGMOインターネットの株主優待を利用したほうが良いでしょう。
また、JPXも安定した企業なうえに、3000円分のQUOカードをいただけるのでおすすめの銘柄です。

日本株式合計

日本株式の合計金額は、3,541,780円でした!

55万円で買い、140万円になったオリエンタルランドが、日本株の資産向上に大きく貢献してくれましたね😍

米国株式・債券

米国成長株(キャピタルゲイン目当ての株式)

銘柄名 保有数 評価額
DIS 14 215,885円
EA 30 325,097円
ATVI 60 306,118円

合計:847,100円

エンタメ業界の巨人Disneyとゲーム銘柄は中毒性も高いので、私の投資方針にぴったりです!
ただ、これらの銘柄は成長にキャッシュを使用してしまうため、配当金はあまり出ません😭

米国高配当株(インカムゲイン目当ての株式)

銘柄名 保有数 評価額
BTI 85 342,580円
JNJ 15 229,946円
CO 25 140,474円
PG 50 615,176円
PM 25 217,398円
SBUX 30 284,044円
WBK 70 149,555円
BUD 15 142,473円

合計:2,121,646円

アルコール銘柄のBUD、タバコ銘柄のBTI・PM、カフェイン(コーヒー)銘柄のSBUX、何度も飲みたくなる飲料銘柄のCOなど、中毒性の高い商品を作っている企業は、消費者が中毒的に同じ商品を買ってしまうため、売上が安定しています。
また、タバコもアルコールもコーラもすべて新規開発費用がなく、同じ商品を中毒者に売り続けることで収益を上げ続けられるため、余剰キャッシュを配当金として配り、高配当銘柄になりがちです😍

米国債券

銘柄名 保有数 評価額
BND 25 224,274円
AGG 30 359,603円
TLT 10 142,038円

合計:725,915円

ポートフォリオの健全性を保つ債券。
暴落に強いうえに、年間3%近い配当金を支払ってくれる安定感のある投資商品です。
以下が、債券をポートフォリオに組み込むことがどれほど重要か調査した記事ですので、ぜひ読んでください!(めちゃくちゃ頑張って調査して書いた記事なので是非読んでください😭笑)

米国株式・債券合計

米国株式合計金額は、2,968,746円でした!

また、米国債券合計金額は、725,915円でした!

そして、米国資産合計は3,694,661円でした!

新興国株式

銘柄名 保有数 評価額
VWO 21 97,682円

合計:97,682円

世界分散投資したいので、これから新興国株式ETFも買いましていきたいと思います!

アセットアロケーション(割合分布)

詳細な分布

資産クラス 評価額 割合
日本成長株 2,088,700円 28.47%
日本高配当株 288,380円 3.93%
日本優待株 1,164,700円 15.88%
米国成長株 847,100円 11.55%
米国高配当株 2,121,646円 28.92%
米国債券 725,915円 9.89%
新興国株式 97,682円 1.33%

日本株に関しては、オリエンタルランド様の単価の大きさが影響して、成長株が全体のポートフォリオの28%を占める結果となりました。
また、米国株に関しては、高配当株が28%と高い割合を占めています。

国ごとの分布

資産クラス 評価額 割合
日本 3,541,780円 48.29%
米国 3,694,661円 50.37%
新興国 97,682円 1.33%

日本・米国が50%ずつという結果になりました。
WBK(オーストラリア)とかBUD(ベルギー)とか他の国も含まれているのですが笑

経済規模の大きさから、日本の保有比率をもう少し下げて、新興国や米国に資産を寄せていきたいですね!

特性ごとの分布

  • 高リスク(成長株・新興国株)
  • 中リスク(配当株・優待株)
  • 低リスク(債券)

という区分で分布を作成すると以下のようになります。

資産クラス 評価額 割合
高リスク 3,033,482円 41.36%
中リスク 3,574,726円 48.74%
低リスク 725,915円 9.89%

高リスク資産よりも中・低リスク資産の割合が多いことに安心いたしました。

総括(これからの戦略)

以上で自分のポートフォリオのアセットアロケーションをまとめてみて、自分なりにたてた戦略は以下の通りです。

  • 日本の比率を下げる
  • 債券の購入を増やして(低リスク資産を増やす)
  • 米国株式は押し目で、暴落時を狙って買いましていく
  • 国際分散投資を目指して、新興国の比率を上げる
  • 資産分散を目指して、REITも検討する

こんな感じでしょうか?

リセッションが近づいている今、高リスク資産に集中投資することは懸命ではありません。
しっかりとリスク管理をして、いつ来るかわからないリセッションにビビりすぎて機会損失にならないように少しずつ買い増しをし、実際に景気後退局面に入ったら、真っ向勝負できるようにしておきましょう!
リスク管理でしっかりと資産を守り、来たるべきリセッション時に株グルイましょう😍