グレアム様・バフェット様・ダリオ様から学ぶ。債券のポートフォリオにおける最適な割合

ベンジャミン・グレアム様・ウォーレン・バフェット様・レイ・ダリオ様。
皆様、世界を代表する投資家です。
彼らは個人投資家に対して、多くのアドバイスを残していて、債券のポートフォリオにおける割合についても、金言を残されています!
今回は、3人の天才投資家の債券に関するアドバイスを検証していきたいと思います!

3人の天才投資家

3人の債券に対する見解をみていく前に、この3人の伝説的投資家をご紹介します!

ベンジャミン・グレアム様

ベンジャミン・グレアム様は、なんと、世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェット様の師匠です!

グレアム様が得意としたのは、バリュー株(割安株)投資で、「バリュー株投資の父」と呼ばれています。

グレアム様が著した「賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法」は、50年以上、世界中の投資家に愛読され、バリュー投資の歴史を作りました。

賢明なる投資家は、わたしも読んでみたのですが、難しすぎて途中で諦めてしまいました笑
頭の良い方は、是非、ご拝読ください😭

ウォーレン・バフェット様

ビジネス・インサイダーより引用

先程、ご紹介したグレアム様の弟子であり、世界一の投資会社バークシャー・ハサウェイを設立したウォーレン・バフェット様。

割安株を購入して、機械的に売買するスタイルだったグレアム様のバリュー株投資を進化させて、割安株に集中投資して一生保有するスタイルを貫き、世界一の投資家に上り詰めました。

バフェット様の投資手法に関する著作はたくさん出版されていて、読みやすい本も多いイメージです!
世界一の投資家なので、1冊ぐらいは読んでおいても損はないですよ!!

レイ・ダリオ様

Zoo Online様より引用

世界一のヘッジファンドを運営するレイ・ダリオ様

グレアム様やバフェット様と異なり、グローバルマクロ戦略という、世界の動向を予測して資産を増やす天才です。

株式への愛が強いグレアム様とバフェット様と異なり、幅広い金融資産に投資をするダリオ様は債券に対しても肯定的です。

レイ・ダリオ様の、「30分で判る、経済の仕組み」という動画は、非常にわかりやすく世界の経済の動きを解説しているので、一見の価値ありです😍

3人の投資家の債券保有率に対するアドバイス

ベンジャミン・グレアム様

株式の割合は最低で25%最高で75%の範囲内に、債券の割合は75%から25%の間とすべきである。

このように、ベンジャミン・グレアム様は、債券の保有割合を市場に合わせて柔軟に変更するようにアドバイスされています。

過去5年間のような上昇相場では、債券の保有率は25%にして、株式で積極的に利益を取りに行く。
現在のような、リセッションが来るかどうかわからないような状況では、50%で様子見。
実際に、下落相場に突入しそうになったら75%まで債券比率をあげて、資産の防衛に走る。
これが、グレアム様のアドバイスでしょうか?😊

ウォーレン・バフェット様

バフェット様は個人投資家に対して、

10%の現金で米国短期債を買い、残る90%の現金でS&P500に連動する非常に低コストのインデックスファンドを買う

とアドバイスされています。

米国の株式に対して強気なバフェット様は、株以外興味がないようですね笑
そのためか、金投資のような配当を生まない資産への投資を嫌っています。

レイ・ダリオ様

こちらの記事で解説したように、レイ・ダリオ様はオールシーズンズポートフォリオというアセットアロケーションを個人投資家に推奨しています。

  • 株式 30%
  • 中期米国債 15%
  • 長期米国債 40%
  • 金 7.5%
  • 商品 7.5%

これがオールシーズンズポートフォリオの内訳で、株式が30%・債券が55%とかなりディフェンシブなアセットアロケーションになっています。
しかし、完璧な守りをみせつつ、しっかりと収益を上げ続けているモデルですので、検討の価値アリです😍

まとめ

グレアム様 バフェット様 ダリオ様
25〜75% 10% 55%

このように、天才投資家でも回答が大きく異なりました。

しかし、全員、自分の投資法で投資を続けて莫大な資産を築いています。

この事実からわかる最も大事なことは、

「自分が決めたルールに従い、論理的に投資を継続すること。」

答えがなく難しい投資の世界ですが、答えがないからこそ面白い世界でもあります。

自分のリスク許容度や生活防衛資金などを考慮して、自分にとって最適なアセットアロケーションを見つけましょう!

わたしは、現在の市場は過熱気味だと思っていて、リセッション時に大きく勝負したいと思っているので、債券の購入を進めています!
本当に、株で大きく勝負するときは、みなが株式を投げ売りする大恐慌の時。
いまは、我慢のときです😊