配当金再投資もよいけれど、配当金だけお小遣い生活もよさそう!

最近、配当金が月に1万円を安定して超えるようになってきました。
もちろん、配当金はすべて再投資に回しているのですが、「配当金のみ、自由に使ってよいお小遣いにする」という発想も面白いかな?と思っています笑

配当金再投資は非常に重要な戦略

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」で解説されているように、配当金再投資戦略は資産を構築するために非常に重要な戦略です。

もちろん、今までの配当金はすべて再投資に回してきました。

シーゲル様の解説によると、配当金再投資戦略は、株価下落時のクッションになり、株価上昇時のアクセルになります!

自らを追い込むためにあえて、再投資せずに、配当金のみをお小遣いにする

  • 配当金は再投資。
  • 本業・副業の収入からお小遣いを捻出。

という生活をいままではしていました。

一般的な配当金再投資戦略を行う個人投資家の方は、こういう生活になっているのではないでしょうか?

そこで、あえて、配当金を再投資せずに、お小遣いは配当金のみに限定するという逆転の発想もありかな?と思ったのです!

自ら、貧乏に飛び込む

わたしの場合は、ルイ・ヴィトンやサンローランといったハイブランドが大好きですし、ロングスカートも1枚5〜10万もするような高級ブランドの服を買っています。

しかし、そういったお買い物がしたかったら、配当金の額をあげなければ買えないように自分の生活を制限するのです😂

そうすることで、副業や本業・節約を更に頑張り、大量の金融資産を積み上げることで、自分の好きなものが買えるようになってきます!

「自ら、貧乏に飛び込み、資産が生むお金で贅沢品を買う」というスタイルですね!

私の財産告白 」の著者で、自ら貧乏に飛び込み大成功された本多静六様や、世界的ベストセラー「改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 」の著者であるロバート・キヨサキ様もこういった生活スタイルを推奨されています。

1つのお気に入りの服を何年も着るスタイルなので、被服費がめちゃくちゃ高いことはありません!
という言い訳・・・

若いうちにしかできないこともある。それとのバランスが大事

高いブランド品も、高級なロングスカートも若いうちにしか似合わないものがあります。

それらを若いうちに楽しむことは非常に重要です。

そのため、この戦略を取るかどうかは、正直迷っています笑

「配当金と副業の税引き後の半分はお小遣いとして使ってよい!」みたいな、若い頃にしか出来ない経験をなくさないようにしながら、自分流のルールを決めていきたいと思います😊

この記事で紹介したオススメ書籍