【米国で話題!】アーリーリタイア(早期退職)を選択するFIRE運動とは?

年収1200万を捨て30代早期退職を選ぶ「FIRE」ムーブメント | アメリカのミレニアル世代で急増中

こちらの記事で特集されているように、現在、アメリカでFIRE運動という言葉がブームになっています。

FIRE運動とは、

  • F・・・Financial
  • I・・・Independence
  • R・・・Retire
  • E・・・Early

の略で、社会で定年まで働くという選択を捨てて、30代・40代で仕事を引退しようという運動です。

35歳で5000万円の金融資産を構築し、月15万円の不労所得を稼ぎ、アーリーリタイアをするという目標を元にこのブログをスタートしました。
そして、その目標こそがFIRE運動です😍
やはり、わたしと同じ考え方の人は世界中に増えているんですね☺

FIRE運動の大前提。4%ルールとは?

FIRE運動には、【4%ルール】という重要なルールがあります。

その4%ルールとは、

年間の支出を金融資産の4%以内に抑える

ということ。

たしかに、金融資産の4%以内に年間の支出を抑えれば、資産運用で元本を減らすことなく生活していくことができます。

現状、わたしの金融資産は約600万円。
4%ルールだと、年間24万円しか使えません笑
絶対に生きていけないので、まずは金融資産の構築に邁進いたします!

2種類の早期リタイアの方法

  • ファット型FIRE
  • スリム型FIRE

の2種類が、FIRE運動には存在します。

ファット型FIRE

ファット型FIREとは、給料を一気に高めることで、金融資産を積みましてアーリーリタイアを達成する方法です。

  • 経営者
  • 投資家
  • 外資系投資銀行マン

など、年収3000万円以上の方しかできない方法です。

スリム型FIRE

スリム型FIREとは、ミニマリストに代表するような、生活費を抑えることによって、数千万円の金融資産でアーリーリタイアしてしまう方法です。

現在、世界的に話題になっているFIRE運動とは、どちらかというと、このスリム型FIREを指します。

  • シェアリングエコノミー
  • 無料・定額制のサービス(ソシャゲーやNetflixなど)
  • インターネットの発達(情報の無料化)

によって、お金を使わずとも豊かな生活が出来る時代になったからこそ、スリム型FIREにスポットがあたっています。

私が目指すのもスリム型FIRE

ファット型FIREは、本当に才能に恵まれたギフテッドな人しかたどり着けない境地。

私のような凡人は目指すだけ悲しくなります笑

そのため、わたしのような凡人は生活費を抑えつつ豊かな人生を送る方法をみつけ、スリム型FIREを目指すべきなのです笑

もし、生活費がすべて不労所得で稼げるとしたら、今の仕事を続けますか?
わたしは続けないと思います笑
アーリーリタイアは仕事から離脱ではなく、よりよい仕事を選択するための手段です!
みなさんも自分の好きな仕事を手にするためにも、FIRE運動を盛り上げていきましょ😍