GWの過ごし方でわかる、ずっと社畜の人と、富裕層に入れる人の違い。【ラットレースから抜け出せ!】

労働所得で生活費を払い続け、一生働き続けなければ生活ができない状態のことをラットレースと呼びます。
9割以上のサラリーマンはラットレースに陥ったまま、65歳まで働き続けるでしょう。
しかし、一部の金融リテラシーを持ち、経済的フリーになる強い意志を持つ人は、ラットレースから抜け出し、経済的自由を手に入れることができます。

未曾有の10連休という史上最長クラスの長さの連休となった今年。
そのGWの使い方で、将来ラットレースから抜け出せるかどうか判断できます!

連休にお金を使う人・増やす人

「平日にお金を稼ぎ、休日はお金を使う」

こういう考え方は至って普通であり、悪いことではありません。

しかし、ラットレースから抜け出す人の特徴は、

「平日にお金を稼ぎ、休日は異なる方法でお金を稼ぎます」

休日にお金を使う人

休日に、平日にたまったストレスを言い訳に、

  • ショッピング
  • 夜遊び
  • ギャンブル
  • 嗜好品
  • ゲーム課金
  • なんとなくの旅行やイベント

などで解消する。

この行動をしてしまうと、平日に稼いだお金を休日に吐き出してしまい、一生、労働所得で生活費を払い続けることになります。

すべての消費が悪いとは言っていません!
家族との旅行や、子供との想い出、大好きな趣味など、本当にお金を払う価値のあるものにお金を払うことは重要です。
問題は、ストレス発散のために必要のないものにお金を使うこと!

休日にお金を稼ぐ人

職業柄、わたしの周りには、30代にして億の資産を構築された方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方々に共通している点が、「休日もお金を稼いでいること」です。

みなさん、決して、嫌々、仕事をしてお金を稼いでいるのではなく、好きなことを仕事にしているため、土日も働いてしまうのだそうです笑

休日にお金を稼いでらっしゃる方々はメリハリがしっかりしていて、休日も昼に仕事をして、夜だけ遊びに行く。
平日の人が少ない期間に家族旅行に行く。
など、自分にとって必要な休みだけ計画的にとっています。

無駄な時間を過ごさないことがラットレースから抜け出す秘訣

休日だからといって、ダラダラとテレビをみたり、遅くまで布団の中にいたりせずに、平日と同じ時間に起きて、好きなことでお金を稼ぎましょう。

別に、お金を直接的に稼ぐ行為でなくても、読書や勉強などの自己研鑽も本業の収入を上げるという意味でお金を稼ぐ行為です。

そうやって、無駄な時間を減らしていくことで、ラットレースから抜け出し経済的自由を手に入れることが出来ます!

わたしも、GW中、クラウドワーカーとして様々なお仕事を手伝わせていただき、夜は友達とご飯に行く生活をしてみました!
意外と、この生活はメリハリが効いていて、一日中ダラダラしていた頃に比べると、幸福感が高い気がします!
この調子で、ハッピーに働きながら、35歳でアーリーリタイアしてみせますね😍