【2019年9月】ミドルリスク運用型ポートフォリオの保有銘柄【ついに楽天経済圏突入!】

こんにちは!
今回は、リスク許容度別に運用している3つのポートフォリオのうち、ちょうど中間のリスク許容度であるミドルリスク・ミドルリターンを狙う通常運用型ポートフォリオの保有銘柄を紹介します!

通常運用型ポートフォリオの特徴

  • 最大下落率50%以内に抑える
  • 全体投資資金の30%をこのポートフォリオに振り分ける
  • 世界中の株式に投資する
  • 米国の場合は高配当のディフェンシブ株に投資をする
  • 日本の場合は優待株や高配当株に投資する

こちらの記事で、3つのポートフォリオについて、詳しく解説していますので、興味がある方は、是非、ご拝読くださいませ😊

ポートフォリオの銘柄一覧

銘柄名 保有数 評価額
日産自10068,590円
伊藤忠100224,800円
JPX100171,200円
日本KFC100235,100円
ビックカメラ100114,300円
明光ネットワークジャパン10088,700円
シード10088,800円
GMOインターネット100184,800円
吉野家ホールディングス100243,000円
FM1030,175円
JNJ15207,811円
PG50670,996円
VGK211,509円
VWO26112,431円
WBK70152,782円
ABBV1077,460円
RDS.B24149,570円
ニッセイグローバルリートインデックスファンド1,5152,471円

合計額

2019年9月の通常運用型ポートフォリオの合計額は、

2,834,495円

でした!

通常運用型ポートフォリオの資産額推移

年月 資産額
19/082,768,633円
19/092,834,495円

金融資産全体に対する比率

  • 金融資産全体:8,235,264円
  • 安全運用ポートフォリオ:2,834,495円(34.4%)

うん!
目標にしている30%に近い水準です!
このポートフォリオはこの調子でいきましょう!

このポートフォリオに対する新しい試み(楽天の投信積立)

このポートフォリオのテーマの1つ、世界分散投資。

その世界分散投資を投資信託で行うために、ニッセイ外国株式インデックスファンドを楽天の投信積立で定期積立する設定を行いました!

月5万円までの投信積立なら楽天ポイントが貯まる

投信積立を始めた理由は、楽天のクレジットカードで楽天証券の投信積立を設定すると、1%の楽天ポイントが貯まるからです!

投資の世界で1%というのはかなり大きな数字です。
その1%分の還元が投資信託の購入で得られるのは、とても大きなメリットです!

上限の5万円まで積立を設定し、還元を最大限利用する

これから先、何十年も投資していく上で、確実に1%が返ってくる制度を利用しない手はありません!

上限MAXの5万円を設定して、ポイント還元を最大限利用しようと思っています!

キャッシュレスアプリのポイント還元やTポイント投資、楽天経済圏、ふるさと納税、NISA、iDecoなど、世の中にはたくさんのお得サービスが溢れています。
投資ブログやtwitterを初めて良かったと思うのは、そういった有益な情報に自然とリーチできるということ。
これからも、有利な制度はドンドン利用していこうと思います!