【株価は短期では心理で動き、長期では実態で動く】決算で暴落したNetflixを拾い、1週間でプラス6%を達成!

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-17/PUT2DL6JTSED01

こちらのニュースの通り、飛ぶ鳥を落とす勢いだったNetflixが成長鈍化が原因で10%以上の株価下落を起こしました。
待ってましたと言わんばかりに、私の得意戦略、永久保有候補銘柄の押し目買い作戦が発動し、1週間でプラス6%の成績を残せたので、今回はこの売買について解説します!

Google検索より

急落後316$で購入、1週間で335$へ

Netflixは前から欲しかった銘柄だったため、ウォッチリストにいれて毎日株価をチェックしていました。

そして、決算が発表されたタイミングで、成長鈍化が懸念され、株価が急落、10%以上の値崩れを起こしたのです・・・

私は底値に近い316$で購入し、現在335$で保有しています。
短期で資金を増やしたいのならば、このまま売却しても良いですが、長期的に更に成長すると確信していますので、ホールドする予定です。

ABBV(アッヴィ)・SBUX(スタバ)・NFLX(ネトフリ)すべて、過剰に下落していた

  • ABBV
  • SBUX
  • NFLX

これらの銘柄はすべて、なにかしらの問題で株価が急落したのですが、その後すぐに反発した銘柄です。

【ABBV】アラガンの買収により、急落した株価

Google検索より

アラガン社を買収することが投資家の心理に悪く響き、株価が急落したABBV。

しかし、すぐに大反発しています。

個人投資家に人気のある銘柄ですので、底値に近い額で購入して、短期で利益を得た投資家の方も多かったのではないでしょうか?

高配当企業であるため、株価の急落は配当利回りの急増につながります。
そのため、高配当株投資家の買いが多かった印象です。
高配当株は下落したタイミングで買い、短期で反発したら売る。反発しなかったら、配当をもらいつつ、株価が戻るまで待つという作戦ができますよね😍

【SBUX】人権問題で下落したタイミングで買い、2倍株に

こちらの記事で紹介したように、スタバが人権問題で株価下落したタイミングで仕込み、1年ほどで2倍株(この記事を書いた後に+100%達成)に成長しました。

たしかに人権問題は良くないです!
しかし、スタバは優良企業なので、失敗を乗り越えて更に繁栄していくと確信していたため、下落中でも気軽に買い進むことができました。

株価は短期では心理で動き、長期では実態で動く。

人間は不安に弱いもので、悪いニュースがあると一気に株を手放してしまいがちです。

しかし、どんな優れた企業も様々な苦難・訴訟・経営危機・経営悪化を乗り越えて、株価を上げてきています。

スティーブ・ジョブズ様が1代で、世界一の時価総額にまで育て上げたApple社が良い例でしょう。

優良企業の悪いニュースは、割安で株を仕込める良いチャンスです😍

30年保有する気持ちがある優良企業ならば、迷わず落ちるナイフを拾いましょう

  • 30年後も存続すると確信できる優良企業
  • 30年間、狼狽売りしない自信

この2つに該当する企業は、悪いニュースや決算で株価が急落したときには迷わず買い進みましょう。

わたしは、この作戦で、

  • Amazon:+220%
  • スタバ:+100%
  • オリエンタルランド:+140%

と大きな成果をあげました!

30年後も存続してると思えるかつ、30年間一緒に添い遂げる愛がある企業はウォッチリストにいれて常に株価をチェックしておくことをおすすめします!
わたしの場合は、ディズニーを筆頭に10銘柄程登録してありますよ!