【2019年6月】配当金・分配金報告!6月の配当金合計は21,431円でした!

こんにちは!
35歳までに金融資産5000万円を貯めて、アーリーリタイアを目標にしている早乙女きららです!
2019年6月の配当金・分配金の報告をします!
※いつもどおり、権利確定日ベースではなく、6月に実際に振り込まれたベースです。

銘柄名 配当・分配金
サンリオ 1196円
GMOインターネット 479円
オリエンタルランド 1754円
ヤマダ電機 1036円
日本KFCホールディングス 2500円
DeNA 4000円
伊藤忠商事 4600円
日産自動車 2850円
VWO 5.28$
BND 3.5$
AGG 6.33$
JNJ 12.82$

日本株式: 18415円

米国株式:27.83$(3016円)

※1$= 108円で計算しました。

合計21431円でした!!!

大金星です!!
2万円以上(税抜き後)も配当金がいただけたら、それだけでETFの積み増しもできますし、豪華なディナーに行くこともできます!!

6月は株主優待もたくさん!

6月は3末決算の日本企業からの株主優待がたくさん届く、サプライズ満載の月でした!

以下で、6月(7月も少し)に届いた株主優待を紹介します!

  • ディズニーリゾートの1dayパスポート😍
  • ビックカメラ 金券
  • ヤマダ電機 金券
  • ケンタッキー 金券
  • サンリオピューロランドの入場券3枚 + グッズの割引券
  • JPX クオカード(3000円分)
  • 吉野家 食事券 (3000円分)

ディズニーの1dayパスポートや3000円分の金券・食事券など、太っ腹な株主優待が多かったため、株主優待だけで、2万円相当になりました😍
ディズニーにまた遊びに行けます😍

実質4万円以上の配当をもらってみて

日本株の配当金・優待品が集中したため、合計4万円相当の価値を不労所得から稼ぐことができました。

実際に、これだけの金額を不労所得で稼いでみると、若いうちからの資産形成がいかに重要かを身をもって実感しました。

資産形成をしていない人生と比べた場合、毎年6月に4万円の差ができます。

それが50年以上続くと思ったら、28歳の今、株式投資をしていてよかったなと思います。

金融資産700万程度のわたしですら、配当金・優待品の恩恵を大きく感じています。
何千万・何億の資産を形成している投資家の先輩方はもっと大きなインパクトを配当金から受けているでしょう。
わたしも早く、その位置にいけるように、蓄財に励もうと思います😍