【2019年9月】配当金・分配金は5010円。今月は少なめですが、高配当日本株の購入を進めようと思います!

こんにちは!
米国・日本株を中心に様々なアセットクラスに投資をしている早乙女きららです。
2019年9月の配当金・分配金報告をいたします!

銘柄名配当・分配金
BND$ 4.1
AGG$ 6.42
JNJ$ 12.83
TLT$ 4.61
IEF$ 0.87
RDS.B$ 18.0

配当金・分配金合計

2019年9月の配当金・分配金合計は、

$ 46.83 でした!

日本円にすると、5010円ぐらいです!(1$ = 107円計算)

配当金・分配金推移

年月配当・分配金(税引後)
19/033209円
19/044907円
19/0516364円
19/0621431円
19/0711403円
19/0811690円
19/095010円

4ヶ月連続で1万円を超えていたのですが、今月は、配当金が少なく、5000円ぐらいになってしまいました・・・
しかし、配当金が多いときも少ないときも、焦らず自分のペースで資産を積みましていきたいです☺

配当金を増やすためにも、日本の高配当株は有力な選択肢

  • 世界的な金融緩和
  • 好景気にも関わらず、米国のリセッション予防策の利下げ

などが原因で、

  • 米国株
  • 不動産
  • 債券

これら全ての価格が高騰しています。

そんな中、ソフトバンク(グループじゃない方)や日本郵政、商社、メガバンクなど、高配当な大型安定株はそこまで株価が上昇していません。

為替リスクもなく、高配当大型株が現在の投資対象として魅力的に見えています。

日本株式の場合、短期売買でも良い

超長期で右肩あがりの米国市場と異なり、日本市場は上下を繰り返す市場になっています。

そのため、高配当な大型株を買ったとしても、20〜30%の含み益が出た場合は売却して良いと考えています。

そして、魅力的な配当利回りになるまで株価が推移したら買い戻しをしてもよいですし、他の割安企業への投資資金にしても良いと思っています!

高配当日本株の場合は、4%の配当利回りを5年間保持するよりも、5年分の配当(20%値上がり)が確定したら売ってしまう方針で売買を進めていきます。
逆に長期で値上がりが期待できる米国株の場合は、配当をもらいながら、キャピタルゲインも積極的に狙いに行く方針で投資を進めていこうと思います!