労働所得で浪費をする限り一生ラットレース。個人投資家にとって最も大切な節約の話

こんにちは!早乙女きららです。
今日は、個人投資家にとって最も大切な【節約】のお話をします。
本業で何千万稼いだり、圧倒的な投資パフォーマンスを出すことよりも、個人投資家は節約に注力するべき理由を解説します!

節約だけは誰でも出来る蓄財法

  • 本業収入を上げる
  • 副業で収入経路を増やす
  • 圧倒的な投資パフォーマンスを出す

すべて、攻めの蓄財法で、向き不向きがあり、すべての人にできる内容ではありません。

世の中の全ての人が、これらのことを出来てしまったら、お金持ちしかいない世の中になってしまいますよね笑

これらの攻めの蓄財法の真逆で、守りの蓄財法もあります。

それは、【お金を使わないこと】です。

当たり前なのですが、お金を消費(浪費)に使わなければ、そのお金はキャッシュを産む金融資産の購入にあてられます。

投資初心者で、ただの会社員のわたしでも、節約ならば出来ます。

投資に成功する人間はみなケチ?

スノーボール」の自伝で知られ、世界一の投資家のウォーレン・バフェット様も、現在のお金は将来何倍にも返ってくるとして、ボロボロの車に乗り、物価の安いネブラスカ州に住み続けています。

また、「ブチ抜く力」の著者で、現在は世界中に物件を保有する日本を代表する投資家、与沢翼様も、1円残らずキャッシュは金融資産につぎ込み、秒速で経済的フリーを達成されました。

わたしが尊敬する企業人の個人投資家、三菱サラリーマン様も、手取りの8割を投資に回すという徹底ぶりで、29歳にして経済的フリー・30歳で金融資産5000万円を達成されました。

こういった方々は、【ケチ】なのではなく、【資産】になるもの以外への【浪費】を徹底的に避けているだけです。
その証拠に、全員、普段の生活は節制されていましたが、金融資産に対しては多額のお金を支払っています。
そして、与沢様のように、経済的フリーを達成してから、金融資産から入ってくる不労所得で好きなものを買う生活が本当のお金持ちのお買い物です。

節約するポイントは実はたくさんある

わたしたちは、格安SIMにするとか、ふるさと納税をして税金を安くする、みたいなハードルの高い節約法に目が行きがちです。

しかし、本当に節約しなければならないことは、もっと身近にあります。

  • 毎日のスタバをやめる
  • コンビニでお菓子を買わない
  • 外食を減らす
  • 映画ではなく、レンタルビデオを利用する
  • タクシーに乗らない
  • 1駅なら歩く
  • 飲み会に行かない

など、毎日何気なく使っている浪費を減らしていけば、毎月数万円のお金が生まれます。

そして、塵も積もれば、年間で数十万のお金となり、その資金を全て金融資産に振り向ければ、年間数万円の不労所得を積み増すことが可能です。

今日の小さな浪費を我慢すれば、数年後には不労所得でその浪費ができるようになる。
労働所得で消費をするか、労働所得を金融資産に振り分けて、金融資産からの不労所得で消費をするかで、人生の方向性は大きく変わるの😍

労働所得で生きているうちは一生奴隷

労働所得で普段の消費行動をしている限り、生きているために働き続けなければなりません。

大切なことは、

【労働所得は金融資産へ、金融資産が産んだ不労所得で消費を】

すること。

みなさんも、働いたお金で生活をする人生を終えられるように、私と一緒に株グルイましょう?

この記事で紹介したオススメ書籍