インデックス投資の方がパフォーマンスが良い。それでも個別株投資の方が面白い理由

敗者のゲーム】や【ウォール街のランダム・ウォーカー】といった今までの歴史を学術的に検証した書籍で、インデックス投資が最も優れた投資法だと証明されています。

また、世界三大投資家のウォーレン・バフェット氏も

個人投資家は【S&P500】と【米国債券】を買っておけば、世の中のほとんどのファンドマネージャーよりも良い結果を残すだろう

と株主への手紙に記しています。

しかし、そんな状況にあっても、インデックス投資ではなく、個別銘柄への投資は今まで以上に盛り上がっています。

この記事では、最もパフォーマンスが良いと言われているインデックス投資ではなく、個別銘柄投資に投資家が集まる理由をご紹介します!

わたしも、個別銘柄投資派です!

個別銘柄投資は一種のゲームであり、カジノである。

カジノ

インデックス投資は手堅く強い投資ではあるのですが、決して面白い投資ではありません。

投資というより、利率のよい積立貯金といったほうがイメージがよいかもしれません。(もちろん、元本割れのリスクがあります。)

一方、個別銘柄投資は、

  • 投資する国
  • 投資するセクター(業種)
  • 投資する銘柄
  • 投資割合

など、自分で決める要素が多く、ゲーム性が高く、一種のカジノに近いです。

ギャンブルの本質は狂気でしょう。資本主義の世の中では金は命も同然。にもかかわらずカジノに人が集まるのは、命を掛ける狂気に人は快感を覚えるからです

> 賭ケグルイより

わたしがブログテーマとしたアニメ【賭ケグルイ】の主人公、蛇喰夢子の名台詞のごとく、

人間はカジノやギャンブルにはめっぽう弱く、そういったゲーム性の高さが個別銘柄投資の大きな魅力になっています。

賭ケグルイ、本当に面白いので皆さんぜひ観てくださいね😍笑
映画化もされてますよ!!

市場から退場しないことが投資の鉄則。ゲーム性は大事!

投資は長期になればなるほど有利になるという特性があります。

しかし、一般的な投資家は2〜4年で投資をやめてしまうという調査もあります。

せっかく、長期で投資をすれば収益を得られるチャンスが増大するのに、一時的な暴落や飽き、想定していた利益が得られないことへの失望等で、どんどん市場から個人投資家が退場していきます。

こういった現実を踏まえると、投資は楽しんでライフワークのように長く続けなければなりません。

そのため、

  • 将来に対する仮説をたてる
  • その仮設どおりに世の中が動いたときに値上がりする企業を探す
  • 世の中が答え合わせをしてくれる

という壮大なゲームができる個別株投資はゲーム性に富んでいて、ライフワークのように投資をし続けるモチベーションになります。

わたしはこのブログで、APEX LEGENDSというゲームは絶対ヒットすると予想し続けていて、予想通りEAの決算発表でAPEX LEGENDSのヒットが報じられました。
そのときの嬉しさと言ったら言葉で表しきれません😍

個別株投資は楽しい!でも、リスクもあるから気をつけてね

ここで説明したように、個別銘柄投資はとても楽しいです。
収益が得られる楽しさや、世の中を予想する楽しさ、企業を深く知れる楽しさなど、一種のゲームのようです。
しかし、元本割れするリスクもあるので、余裕資産で個別銘柄を楽しむようにしてくださいね!
暴落時にドキドキするまで株を買ってしまうのはアウトです!
みなさんも、楽しみながら、株グルイましょう!!

この記事で紹介したオススメ書籍