私が35歳で不労所得でアーリーリタイアをしたい理由。全てのストレスはお金が解消してくれる!

35歳までに金融資産5000万円を作り、月15万円の不労所得と共に、アーリーリタイアを目論む早乙女きららです。
本日はわたしが、アーリーリタイアをしたいと思ったそもそもの理由を紹介します。

金融資産5000万円と月15万円の不労所得でアーリーリタイアできるのか?

そもそも、

  • 金融資産5000万円で月15万円の不労所得を獲得できるのか?
  • 月15万円の不労所得でアーリーリタイアできるのか?

という点については、以下の2記事で解説していますので、お時間が許しましたら、ご拝読くださいませ。

金融資産5000万円・月15万円の不労所得(配当所得)でアーリーリタイア出来る本当の理由!

一般企業のサラリーマンでも35歳で月15万の不労所得でアーリーリタイアは可能である4つの理由!

仕事のストレスはお金がないことに由来する

企業の退職理由のトップは「人間関係のストレス」と言われています。

実際、企業で働いているわたしも、人間関係のストレスを感じるシーンは多々あります。

しかし、本当に人間関係を仕事のストレスの原因としてしまって、転職活動を繰り返すことが正解なのでしょうか?

わたしは間違っていると確信しています。

本当のストレスの原因は生きていくために働かなければいけないこと。

  • 生きていくために働かなければならない
  • ストレスが溜まる企業であっても、すぐに辞めたら、ドンドン条件の悪い企業に就職することになる
  • そのため、ストレスが溜まる人間関係・職場環境だとしても我慢する
  • 転職しても、やはり、嫌な人・環境がある
  • 同じことの繰り返し
  • ストレスばっくはーーーつ!!!

という流れが、真実です。

最低限の生活費を不労所得で得られるようになれば、好きな人と好きな時間に働けるようになるの。
お金を考えずに、好きなことだけ仕事にすると思えば、一気に人生が楽になりませんか?😍

マズローの第一欲求も満たせていない

自分コンパス様より引用

人間の5段階欲求で有名なマズロー様。

上記図の一番低い最低限の欲求「生理的欲求」も満たせていない状態が、現在の私を含めた労働者階級です。

生理的欲求とは、毎日の食べ物や睡眠が出来る環境などの、生きていくために最低限必要なものに対する欲求のことです。

その最低限の欲求を担保するためにわたしたちは、ストレスに我慢しながら企業人をしています。

※一部、本当に好きで仕事をされている方も多いですが、空元気ではなく、心からそう思っている方は少数派でしょう。

もし、生きていくことに必要な資金が不労所得から得られるのならば、人間の感じるストレスは一気になくなります。
それが、わたしが35歳でアーリーリタイアをしたい理由です。

日本を代表する投資家・与沢翼様も同じ意見

ブチ抜く力」の著者で、日本を代表する投資家の与沢翼様も同じことを著書の中でおっしゃっていました。

与沢様の場合は、

極端な言い方かもしれませんが、お金があれば好きな人とだけ付き合うことができ、誰にも頭を下げる必要はありません。事実、私はこの4年間、誰にも頼み事をしてこなかったし、頭を下げたことは一度たりともないのです。

十分なお金を得て、嫌いな人との人間関係を絶った今、私の人生にストレスは一つもありません。毎日、大好きな人とだけ思う存分の時間を接することができ、とことん幸せな人生だと感謝しています。

と明言されています。

そして、与沢さんはその事実に気づいてすぐに事業家ではなく投資家へと転身しました。

短期で稼いだキャッシュを長期投資にまわして、インカムゲインを得続けるためです。

与沢様は、無駄遣いを繰り返していた時期を猛省し、徹底して資金を資産に変えることに集中し、数年で経済的フリーを達成なされました。
わたしには、与沢様ほどの能力はありませんが、小さく経済的フリーを達成することはできると信じ、節約と投資に励んでいきたいです😍

ストレスは溜まるものと諦めない

わたしも、

  • サラリーマンでありながら、29歳で経済的フリーを達成された三菱サラリーマン様
  • ぶち抜く力で、考え方の根本から変えてくださった与沢様
  • cis様やBNF様のような個人で、一生分以上の資産を築いた方
  • twitterでアーリーリタイアを達成(もうすぐ達成)されている方々

に出会わなければ、一生

「人間関係のストレスは生きていくために仕方がないものだ」

と諦めて、企業人続けていたでしょう。

現実は、わたしのような企業人でもアーリーリタイアは可能で、実際にアーリーリタイアをされている方はたくさんいらっしゃいます。
「ストレスは生きていくために仕方がないものだ」と諦めながら毎日を過ごすよりも、「あといくら貯めれば、このストレス生活ともおさらばだ!」と明確なゴールを持った状態で、毎日を過ごすほうがとても刺激的で楽しいですよ!
みなさまもアーリーリタイアを目指して、私と一緒に株グルイましょう?😍

この記事で紹介したオススメ書籍